2018年07月一覧

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FXが老いも若きも関係なく勢いよく拡大した要素の1つが…。

海外FXシステムトレードに関しては、人の思いだったり判断を無効にするための海外FX手法だと言われますが、そのルールを考案するのは人というわけですから、そのルールがその先ずっと良い結果を齎すわけではありません。デモトレードと呼ばれているのは、仮の通貨でトレードの体験をすることを言うのです。1000万円というような、あなた自身で指定した仮想資金が入金されたデモ口座を持てますので、本番と同じ環境で練習ができます。海外FXデイトレードだからと言って、「毎日トレードをし利益を勝ち取ろう」とは考えない方が良いでしょう。強引とも言える売買をして、結果的に資金をなくしてしまうようでは公開しか残りません。海外FXに取り組む際は、「外貨を売る」ということから取引を始動することも可能ですが、このように外貨を持つことなく「外貨を売ったままの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになります。海外FX取引において、最も浸透している取引スタイルだとされるのが「海外FXデイトレード」になります。毎日毎日取ることができる利益をキッチリ押さえるというのが、この取引スタイルだと言えます。海外FXが老いも若きも関係なく勢いよく拡大した要素の1つが、売買手数料が驚くほど低額だということです。今から海外FXをスタートすると言うなら、スプレッドの低い海外FX会社を選択することも必要不可欠です。海外FXを始めると言うのなら、優先して行なってほしいのが、海外FX会社を比較して自分にフィットする海外FX会社を探し出すことだと思います。賢く比較する際のチェック項目が10個あるので、一つ一つご案内します。スワップポイントに関しては、「金利の差額」だと言われていますが、現実に得ることができるスワップポイントは、海外FX会社に払うことになる手数料を差っ引いた額だと思ってください。海外FXスキャルピングと言われるのは、1...

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|取り引きについては…。

各海外FX会社は仮想通貨を使用してのデモトレード(トレード練習)環境を提供してくれています。現実のお金を使わないで仮想トレード(デモトレード)ができるようになっているので、是非とも試してみるといいと思います。デイトレードを実践するにあたっては、通貨ペアの見極めもとても大事なことです。はっきり申し上げて、動きが見られる通貨ペアじゃないと、デイトレードで収入を得ることは不可能でしょう。「デモトレードを実施して利益を生み出すことができた」と言われましても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで儲けを手にできる保証はないと考えた方が賢明です。デモトレードというものは、正直申し上げてゲーム感覚になってしまうのが普通です。海外FX口座開設自体はタダの業者がほとんどなので、むろん時間は取られますが、複数の業者で開設し現実に使用してみて、自分に適する海外FX業者を選定しましょう。「デモトレードを何度やろうとも、現実に損失が出ることがないので、心理的な経験を積むことが困難だ!」、「汗水垂らして稼いだお金でトレードしてみて、初めて経験を積むことができるわけだ!」と言われることが多いです。海外FX口座開設の申し込みを行ない、審査にパスすれば「ログイン用のIDとパスワード」が届けられるというのが基本的な流れではありますが、特定の海外FX会社はTELにて「必要事項確認」をしているそうです。5000米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然ですがドル高に振れた時には、即売り決済をして利益をものにしましょう。取り引きについては、一切ひとりでに行なわれるシストレですが、システムの検討や改善は時折行なうことが大事で、そのためには相場観を修得することが必要不可欠です。最近では、いずれの海外FX会社もトレード手数料を徴収してはいませんが、他...

NO IMAGE

海外FXランキング|初回入金額というのは…。

スワップポイントと呼ばれているものは、ポジションを続けた日数分受け取ることが可能です。毎日か会う呈された時間にポジションを保持した状態だと、そこでスワップポイントが貰えるわけです。海外FXに関してリサーチしていくと、MT4(メタトレーダー4)というワードに出くわします。MT4というのは、使用料なしにて使用することが可能な海外FXソフトの名前で、様々に活用できるチャートや自動売買機能が付随している売買ツールのことです。MT4というものは、プレステだったりファミコンのような器具と同様で、本体にプログラムされたソフトを差し込むことで、ようやく海外FX売買を始めることができるというものです。売りと買いの両ポジションを一緒に有すると、円高・円安のどちらに振れても収益を得ることができると言うことができますが、リスク管理の点から言うと、2倍心を配ることになるでしょう。海外FX口座開設に関してはタダだという業者が大半ですから、むろん労力は必要ですが、複数個開設し実際にトレードしてみて、自分に適する海外FX業者を選んでください。海外FXで利益をあげたいなら、海外FX会社を比較することが大事で、その上であなた自身にちょうど良い会社を選抜することが必要だと考えます。この海外FX会社を比較する場面で欠くことができないポイントをご教示させていただいております。最近は数多くの海外FX会社があり、会社それぞれに独自のサービスを行なっています。これらのサービスで海外FX会社を比較して、自分にマッチする海外FX会社を見つけ出すことが重要だと考えます。「デモトレードを何回やっても、現実的な損害を被ることは皆無なので、心理的な経験を積むことは困難だと言える。」、「本物のお金で売買してみて、初めて経験を積むことができると言えるのだ!」と言う方も稀ではないのです。テクニカル分析を行なう際に欠かせないことは、何を置い...

NO IMAGE

海外FXランキング|スキャルピングに関しては…。

スキャルピングという取引方法は、どっちかと言うと予見しやすい中期から長期にかけての経済的な指標などは考慮しないで、確率2分の1の勝負を一時的に、かつとことん繰り返すというようなものではないでしょうか?本WEBページでは、手数料とかスプレッドなどを加えた合計コストにてFX会社を比較一覧にしています。当然ですが、コストと言いますのは利益を圧縮しますので、必ず調べることが重要になります。FXのことを検索していくと、MT4という横文字が目に付きます。MT4というのは、使用料なしにて利用できるFXソフトの名称で、いろいろ活用できるチャートや自動売買機能が付いている売買ツールのことです。FXに取り組みたいと言うなら、最初に行なわなければいけないのが、FX会社を比較して自分自身にピッタリくるFX会社を決めることだと思います。比較の為のチェック項目が8項目あるので、1個1個解説させていただきます。日本より海外の銀行金利の方が高いので、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをする際に手にするスワップ金利になります。FX取引を行なう中で、最も実践している人が多い取引スタイルだと言われるのが「デイトレード」なのです。1日単位で得られる利益を堅実に押さえるというのが、この取引法なのです。スイングトレードをやる場合の忠告として、パソコンの取引画面を閉じている時などに、急に大暴落などがあった場合に対応できるように、予め何らかの対策をしておきませんと、とんでもないことになってしまいます。FXが投資家の中で勢いよく拡大した素因の1つが、売買手数料がとても安く抑えられていることです。初めてFXをするなら、スプレッドの低いFX会社を見つけ出すことも重要になります。申し込みを行なう際は、FX業者の公式ホームページのFX口座開設ページから15分くらいで完了する...

NO IMAGE

海外FXランキング|レバレッジと申しますのは…。

海外FXスキャルピングという取引法は、一般的には予知しやすい中長期に亘る世の中の変動などはスルーし、どっちに転ぶか分からない勝負を直観的に、かつ止めどなくやり続けるというようなものだと思います。レバレッジがあるおかげで、証拠金が僅かでもその額の25倍までの「売り買い」ができ、結構な収入も見込むことができますが、逆にリスクも高くなりますので、決して無茶はしないでレバレッジ設定することが必要だと断言します。レバレッジと申しますのは、納めた証拠金を拠り所にして、最高でその額の25倍の「売り買い」が可能であるという仕組みを言うのです。例えて言いますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにすると、1000万円という「売り・買い」が可能なわけです。スプレッドと言いますのは外貨を「売り買い」する時の価格差のことで、FX会社の売り上げとなる売買手数料の一種で、各社ごとに個別にスプレッド幅を設けています。低額の証拠金で大きな取り引きが可能となるレバレッジですが、想定している通りに値が変動すればそれに準じた利益を出すことができますが、逆の場合はかなりの損失を出すことになります。海外FXスキャルピングに取り組むときは、数ティックという値動きでも待つということをせず利益を出すというメンタリティが大切だと思います。「更に上向く等と思うことはしないこと」、「欲は排すること」が肝要になってきます。「忙しいので日常的にチャートを確認するなどということはできない」、「為替変動にも影響する経済指標などを遅れることなくチェックできない」と思われている方でも、海外FXスイングトレードならそんなことをする必要もないのです。大半の海外FX会社が仮想通貨で売買体験をする仮想トレード(デモトレード)環境を整えています。一銭もお金を使わないでデモトレード(トレード訓練)ができますから、ファーストステップ...

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|FXで儲けを出したいなら…。

ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」があるわけですが、このポジションというのは、売買した後、約定することなくその状態を持続している注文のこと指しています。我が国より海外の銀行金利の方が高いということがあるので、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXをする際に手にするスワップ金利というわけです。FX口座開設に伴う審査に関しましては、学生ないしは主婦でも通過しているので、過剰な心配は不必要だと言い切れますが、重要項目である「投資経験」であったり「資産状況」などは、間違いなくウォッチされます。「デモトレードに取り組んで利益が出た」からと言って、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで利益を生み出せるかは別問題です。デモトレードを行なう場合は、はっきり言って遊び感覚になってしまうのが普通です。スワップポイントは、「金利の差額」であると言われていますが、実際的にもらえるスワップポイントは、FX会社に徴収される手数料が差し引かれた額になります。デイトレードの魅力と言うと、一日の間に完全に全部のポジションを決済してしまいますから、結果がわかったうえでぐっすりと眠れるということだと考えています。FXにおいてのポジションとは、担保とも言える証拠金を送金して、ユーロ/円などの通貨ペアを売り買いすることを指します。因みに、外貨預金には「ポジション」というコンセプトはありません。方向性がはっきりしやすい時間帯をピックアップして、その方向性に乗っかって売買するというのがトレードを行なう上での肝になると言えます。デイトレードは勿論、「機を見る」「得意とする相場パターンで売買する」というのは、どのようなトレード手法でやろうともとっても大切なことだと言えます。スプレッドに関しましては、FX会社各々バラバラな状態...

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FXスキャルピングのメソッドは百人百様ですが…。

海外FXスキャルピングという攻略法は、どっちかと言うと見通しを立てやすい中長期に亘る経済的な動向などは考えず、勝つ確率5割の戦いを瞬時に、かつひたすら繰り返すというようなものだと言えます。海外FXスキャルピングのメソッドは百人百様ですが、総じてファンダメンタルズのことは考慮しないで、テクニカル指標だけを使って行っています。「各海外FX会社が提供するサービスを比較する時間が取れない」といった方も大勢いることと思います。そういった方の為に、それぞれが提供しているサービスで海外FX会社を比較してみました。証拠金を元手にある通貨を買い、そのまま維持していることを「ポジションを持つ」と言うわけです。それとは反対のパターンで、キープし続けている通貨を約定することを「ポジションの解消」と言います。海外FXシステムトレードの場合も、新たに取り引きする時に、証拠金余力が必要とされる証拠金額以上ないという状況ですと、新たに売買することはできないことになっているのです。海外FX海外FX口座開設に付きものの審査に関しましては、専業主婦又は大学生でも大概通っておりますから、必要以上の心配をする必要はないですが、大事な項目の「資産状況」や「投資経験」などは、きちんと目を通されます。海外FX取引におきまして、最も実践している人が多い取引スタイルだと思われるのが「海外FXデイトレード」になります。1日というスパンでゲットできる利益を着実にものにするというのが、このトレード法だと言えます。収益を手にするには、為替レートが注文を入れた時のものよりも有利な方に振れるまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。海外FXがトレーダーの中で急激に浸透した主因が、売買手数料がビックリするくらい割安だということです。あなたに海外FXの経験値がないなら、スプレッドの低い海外FX会社を探し出...

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FX口座開設費用は無料としている業者ばかりなので…。

デモトレードを使用するのは、99パーセント海外FXビが初めての人だと考えることが多いようですが、海外FXの経験者もちょくちょくデモトレードを行なうことがあるのです。例えば新たに考えたトレード法のテストをする時などです。売買の駆け出し状態の人にとりましては、厳しいものがあると言えるテクニカル分析ですが、チャートの動きを決定づけるパターンさえ頭に入れてしまえば、値動きの類推が段違いにしやすくなるはずです。チャートの形を分析して、売買するタイミングの決断を下すことをテクニカル分析と呼ぶわけですが、この分析が可能になったら、売買の好機を外すことも少なくなるでしょう。為替の動きを予想するのに役立つのが、テクニカル分析とファンダメンタル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートを検証して、その後の値動きを推測する」テクニカル分析の方で間違いないでしょう。海外FXスイングトレードで儲けを出すためには、そうなるべく取り引きの進め方があるわけですが、当然のこと海外FXスイングトレードの基本を分かったうえでの話です。差し当たり海外FXスイングトレードの基本をマスターしましょう。海外FXスキャルピングという方法は、どちらかと言えば推測しやすい中長期の経済指標などは無視をして、勝つか負けるかわからない戦いを感覚的に、かつ可能な限り続けるというようなものだと思います。海外FXに関しては、「外貨を売る」ということから取引に入ることもあるのですが、このように外貨を持つことなく「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。「デモトレードに取り組んで収益をあげることができた」からと言って、実際のリアルトレードで収益を手にできる保証はないと考えるべきです。デモトレードについては、どうしたって遊び感覚で行なってしまうことが大半です。海外FXスキャルピングとは、本当に短い時間で数銭~数...

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FXデイトレードと申しましても…。

海外FX関連事項を調査していきますと、MT4という横文字に出くわします。MT4と申しますのは、費用なしで使うことができる海外FXソフトの名称で、高水準のチャートや自動売買機能が実装されている取引ツールのことを指すのです。海外FXの何よりもの訴求ポイントはレバレッジだと断言しますが、十分に腑に落ちた状態でレバレッジを掛けませんと、正直言ってリスクを大きくするだけになると断言します。証拠金を入金してある通貨を購入し、そのままキープしている状態のことを「ポジションを持つ」と言います。それに対し、キープし続けている通貨を売ることを「ポジションの解消」と言います。今の時代多くの海外FX会社があり、それぞれが独特のサービスを実施しております。そのようなサービスで海外FX会社を比較して、あなた自身にピッタリの海外FX会社を見い出すことが大切だと思います。海外FXで大きく稼ぎたいと言うなら、海外FX会社を比較することが重要で、その上で自身にピッタリの会社を見つけることが大切だと言えます。この海外FX会社を比較するという状況で欠くことができないポイントをご案内しましょう。為替の変化も把握しきれていない状態での短期取引となれば、リスクが大き過ぎます。どう考えても高度な投資テクニックと経験値が必要不可欠ですから、ビギナーには海外FXスキャルピングは難しすぎるでしょうね。海外FXシステムトレードというのは、株式や海外FXの取り引きにおける自動売買取引のことを指し、取り引きをする前に決まりを作っておき、それに従って強制的に「売りと買い」を終了するという取引になります。ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類がありますが、このポジションとは、「買い」または「売り」をしたまま、決済することなくその状態を持続している注文のことなのです。初回入金額と言いますのは、海外FX海外...

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FXデイトレードで頑張ると言っても…。

海外FXスイングトレードの場合は、いくら短期だとしても3~4日、長期ということになると数か月といった戦略になる為、毎日流れるニュースなどを参照しながら、それ以降の時代の流れを予想し資金投入できます。海外FX取引を進める中で耳にするスワップと称されるものは、外貨預金でも付く「金利」だと思っていいでしょう。とは言いましてもまったくもって異なる部分があり、この「金利」と言いますのは「貰うばかりではなく取られることもある」のです。FX会社が得る収益はスプレッドにより齎されるのですが、例えて言えばカナダドルと日本円の取り引きをする場合、FX会社はお客様に対して、その通貨の売りと買いの為替レートを適用し、その差額を収益とするわけです。「仕事柄、日中にチャートに注目するなんてことは困難だ」、「大切な経済指標などをタイミングよく確かめることができない」とおっしゃる方でも、海外FXスイングトレードなら問題なく対応可能です。海外FXを行なう時は、「外貨を売る」という状態から取引を始動させることもよくあるのですが、このように外貨を保有しないで「外貨を売っただけの状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。海外FXを行なう際の個人限定のレバレッジ倍率は、一昔前までは最高が50倍だったので、「今の時代の最高25倍はそれほど高くはない」と口にされる人が存在するのも理解できますが、25倍であろうとも想像以上の収益にはなります。海外FXデイトレードで頑張ると言っても、「毎日トレードを行なって利益をあげよう」などとは思わない方が良いでしょう。無茶な売買をして、思いとは正反対に資金をなくすことになっては何のために頑張ってきたのかわかりません。トレードに関しましては、何もかも自動的に実施される海外FXシステムトレードですが、システムの見直しは一定間隔で行なうことが大切で、その為には相場観を修養す...

NO IMAGE

海外FXランキング|海外FXシステムトレードの一番のおすすめポイントは…。

海外FXシステムトレードの一番のおすすめポイントは、全局面で感情を排することができる点だと言えるでしょう。裁量トレードをするとなると、間違いなく自分の感情がトレード中に入ることになるでしょう。日本と比べると、海外の銀行の金利が高いということで、スワップ金利が貰えることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをする際に手にするスワップ金利です。証拠金を元手にある通貨を購入し、そのままキープし続けている状態のことを「ポジションを持つ」と言います。逆に、保有し続けている通貨を売ってしまうことを「ポジションの解消」と言います。海外FXで言われるポジションと言いますのは、担保とも言える証拠金を納付して、ユーロ/円などの通貨ペアを売買することを意味するわけです。ついでに言うと、外貨預金にはポジションというコンセプトは存在しておりません。海外FX口座開設の申し込みを終了し、審査に合格したら「ログイン用のIDとパスワード」が送られてくるというのが一般的な流れですが、一握りの海外FX会社はTELで「内容確認」をします。利益を獲得するためには、為替レートが注文した時のものよりも有利になるまで待つ必要があります。この状態を「ポジションを保有する」と言っています。海外FX口座開設に関しましては“0円”としている業者が多いですから、当然手間暇は必要ですが、3つ以上の業者で開設し実際に使ってみて、個人個人に適した海外FX業者を絞り込みましょう。海外FX口座開設をする際の審査については、普通の主婦とか大学生でも通っていますから、余計な心配は無用だと断言できますが、大切な項目である「投資歴」や「金融資産」等は、確実に吟味されます。スキャルピングとは、ほんの僅かな時間で極少利益を確保していく超短期トレードのことで、テクニカル指標であったりチャートを頼りに投資をする...

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|デイトレードというのは…。

金利が高い通貨だけをチョイスして、そのまま保持することでスワップポイントが付与されるので、このスワップポイントだけを狙って海外FXを行なっている人も数多くいると聞いています。シストレとは、自動トレードプログラムに従って行われる自動トレード取引のことであり、前もってルールを決めておいて、それに従ってオートマチカルに「買いと売り」を行なうという取引です。一例として1円の値幅だとしても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益になるというわけですが、10倍の場合は10万円の損益になるというわけです。簡単に言うならば「レバレッジが高くなるにつれリスクも高くなってしまう」ということです。スキャルピングとは、短い時間でわずかな収益を獲得していく超短期取引のことで、チャートないしはテクニカル指標を参考にして実践するというものです。メタトレーダー4に関しましては、昔のファミコンなどの器具と一緒で、本体にソフトを差し込むことにより、初めて海外FXトレードを始めることが可能になるのです。デイトレードというのは、スキャルピングの売ったり買ったりする時間的なスパンを更に長めにしたもので、概ね2~3時間程度から24時間以内にポジションをなくしてしまうトレードだとされています。スプレッドについては、海外FX会社によってバラバラで、あなたが海外FXで利益を得るためには、いわゆる「買値と売値の差」が僅かであるほど有利ですので、このポイントを念頭において海外FX会社を絞り込むことが重要になります。スキャルピングに取り組むつもりなら、わずかな利幅であろうとも手堅く利益を押さえるという気持ちの持ち方が欠かせません。「更に高騰する等という思い込みはしないこと」、「欲張らないようにすること」が求められます。ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるわけですが、このポジションと言いますのは、「...

NO IMAGE

海外FXランキング|MT4は世の中で最も多くの人々に支持されている海外FX自動売買ツールだということもあって…。

海外FXシステムトレードの一番の利点は、不要な感情を捨て去ることができる点だと考えます。裁量トレードで進めようとすると、必然的に自分の感情がトレード中に入ってしまうはずです。 海外FXで大きく稼ぎたいと言うなら、海外FX会社を比較することが必須で、その上でそれぞれに見合う会社を見つけることが必要だと言えます。この海外FX会社を比較する際に欠くことができないポイントを詳述したいと思います。 スプレッドと言われる“手数料”は、それ以外の金融商品と比べると、信じられないくらい安いのです。正直に申し上げて、株式投資の場合は100万円以上の「売り・買い」をすると、1000円前後は売買手数料を支払うのが一般的です。 チャートの時系列的動向を分析して、売買する時期の決定を下すことをテクニカル分析と呼ぶのですが、この分析ができるようになれば、売買すべき時期を外すことも少なくなるでしょう。 「デモトレードをやって儲けられた」と言っても、本当に自分のお金を投入する現実のトレードで儲けを手にできるという保証は全くありません。デモトレードについては、いかんせん遊び感覚を拭い去れません。 売り値と買い値に差を設定するスプレッドは、FX会社ばかりじゃなく銀行においても異なる名称で設定されています。しかも信じられないことに、その手数料たるや海外FX会社のおおよそ200倍というところがかなり目に付きます。 スプレッドについては、海外FX会社によりバラバラで、海外FXトレードで利益を生み出すためには、「買値と売値の価格差」が僅少である方がお得になるわけですから、その点を押さえて海外FX会社を選抜することが大事だと考えます。 デモトレードを使うのは、ほとんど海外FXビギナーの人だと考えることが多いようですが、海外FXの達人と言われる人も主体的にデモトレードを実施することがあると言います。例え...

NO IMAGE

海外FXランキング|なんと1円の値動きだとしても…。

海外FXビギナーだと言うなら、難しいだろうと考えられるテクニカル分析ではあるのですが、チャートの重要なパターンさえ把握してしまえば、値動きの判断が一段と簡単になります。デモトレードを使用するのは、主として海外FX初心者の方だと考えられがちですが、海外FXの名人と言われる人も率先してデモトレードを有効活用することがあるそうです。例えば新しく考案した手法の検証をする時などです。ポジションに関しては、「買いポジション」と「売りポジション」があるわけですが、このポジションと言いますのは、「買い」または「売り」をしたまま、約定しないでその状態を続けている注文のことです。テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大別すると2種類あるのです。チャートとして表示された内容を「人間が自分自身の判断のもと分析する」というものと、「コンピューターがひとりでに分析する」というものになります。為替の変動も把握できていない状態での短期取引では、リスク管理も不可能です。やはり高レベルのスキルと知識が必須ですから、経験の浅い人には海外FXスキャルピングは難しすぎるでしょうね。5000米ドルを買って保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当たり前ながらドル高に進んだら、すかさず売り払って利益をゲットしてください。チャート検証する際に重要になると指摘されるのが、テクニカル分析です。このページにて、いろいろあるテクニカル分析法を順を追って詳しく解説させて頂いております。それほど多額ではない証拠金により大きな取り引きが可能となるレバレッジではありますが、思い描いている通りに値が変化すればそれに見合った収益が得られますが、逆になった場合は大きなマイナスを被ることになるのです。なんと1円の値動きだとしても、レバレッジが1倍なら1万円の損益になりますが...