2019年05月一覧

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|これから先FX取引を始める人や…。

MT4と言いますのは、ロシアの企業が発表したFXの売買ソフトです。無料にて使用可能で、尚且つ超絶機能装備という理由で、目下FXトレーダーからの注目度も上がっているようです。レバレッジというものは、FXにおきまして毎回活用されるシステムだと思われますが、現実の投資資金以上の売買が行なえますから、少しの証拠金で物凄い収益を手にすることも実現可能です。証拠金を保証金として特定の通貨を購入し、そのまま保有し続けていることを「ポジションを持つ」と言っています。それとは逆に、キープしている通貨を売却することを「ポジションの解消」と言うわけです。これから先FX取引を始める人や、FX会社を換えてみようかと考慮中の人向けに、国内のFX会社を比較し、ランキングにしました。是非とも参考になさってください。「忙しいので昼間にチャートを確かめるなんてできるはずがない」、「大切な経済指標などを遅れることなく確かめることができない」とお思いの方でも、スイングトレードの場合はそんな心配は要りません。テクニカル分析と称されるのは、為替の時系列変化をチャートで表わし、更にはそのチャートを参考に、極近い将来の値動きを予測するという方法になります。このテクニカル分析は、いつ売買したらいいかを知る時に効果を発揮するわけです。システムトレードにおきましては、自動売買プログラム(EA)に即してテクニカルポイントが巡り来た時に、システムが自動で「売り」と「買い」を行なってくれるのです。但し、自動売買プログラムに関しては投資する人自身が選択します。FXの究極の利点はレバレッジで間違いありませんが、本当に腑に落ちた状態でレバレッジを掛けるようにしませんと、正直言ってリスクを上げるだけになってしまいます。スイングトレードをやる場合の忠告として、売買画面をチェックしていない時などに、一気に大暴落などが起こった場合に対処できるよう...

NO IMAGE

海外口座お薦め|「デモトレードにトライしてみて利益を手にできた」としましても…。

最近では、どんな海外FX会社も売買手数料は無料となっておりますが、他方でスプレッドがあり、それこそが実質上の海外FX会社の利益だと考えられます。海外FXを行なう際の個人に許されているレバレッジ倍率は、一昔前までは最高が50倍だったことからすると、「現在の最高25倍は決して高いとは言えない」と口にしている人が存在するのも当然と言えば当然ですが、25倍だと言いましても想像以上の収益にはなります。レバレッジと申しますのは、投入した証拠金を頼みに、最高でその額の25倍の売買が可能であるというシステムのことを指します。一例をあげると、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジを掛けることにしましたら、1000万円相当の取り引きができるというわけです。ポジションについては、「買いポジション」と「売りポジション」に分類できますが、このポジションというのは、売り買いをしたまま決済しないでその状態を保持している注文のことを言います。XMトレーディング口座スキャルピングは、短い時間軸の値動きを利用して取引しますので、値動きが一定水準以上あることと、「売り」と「買い」の回数が非常に多くなりますので、取引をする上での必要経費が小さい通貨ペアをチョイスすることが大事になってきます。初回入金額と申しますのは、海外FX口座開設が済んだ後に入金することになる最低必要金額のことを指します。金額設定をしていない会社も見られますし、最低10万円という様な金額設定をしている会社もあります。海外FX会社それぞれに特色があり、メリットもあればデメリットもあるのが通例ですから、始めたばかりの人は、「どの海外FX業者で海外FX口座開設するのが正解なのか?」などと困惑すると思います。海外FX取引をする中で、最も浸透している取引スタイルだと言われているのが「デイトレード」になります。日毎確保できる利益を着実にものにするという...

NO IMAGE

海外口座お薦め|FXの最大のメリットはレバレッジということになりますが…。

「忙しいので昼間にチャートを分析することは無理に決まっている」、「大事な経済指標などを速やかに見れない」と考えられている方でも、スイングトレードをやることにすれば全く心配する必要はありません。こちらのサイトでは、スプレッドであるとか手数料などをプラスした全コストでFX会社を海外FX会社口座開設比較ランキングで比較一覧にしております。言うまでもないことですが、コストにつきましては収益に影響を及ぼしますから、細心の注意を払って調査することが大事になってきます。「売り買い」する時の価格に幾らかの違いを設けるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行においても違う呼び名で設定されています。しかも驚くでしょうが、その手数料がなんとFX会社の約200倍というところがかなり目に付きます。5000米ドルを買って保持している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」と言います。当たり前ながらドル高になった場合、すかさず売り払って利益を手にします。FX取引をする場合は、「てこ」同様に僅かな額の証拠金で、その額の数倍という取り引きができるようになっており、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称するのです。FXの最大のメリットはレバレッジということになりますが、100パーセント了解した上でレバレッジを掛けることを意識しないと、正直申し上げてリスクを大きくするだけになると言えます。スワップポイントに関しましては、「金利の差額」だと説明されますが、実際的に付与されるスワップポイントは、FX会社に支払うことになる手数料を引いた額となります。スプレッドと言われるのは外貨を売買する際の価格差のことで、FX会社の実利となる売買手数料とも考えられるものですが、それぞれの会社の経営戦略に従って独自にスプレッド幅を設定しているのです。現実には、本番トレード環境とデモトレードの環境を対...

NO IMAGE

海外口座お薦め|レバレッジがあるので…。

海外FX口座スキャルピングというやり方は、一般的には予測しやすい中長期に亘る経済指標などは無視をして、一か八かの戦いを随時に、かつ限りなく継続するというようなものだと思われます。テクニカル分析と称されているのは、為替の時系列的な値動きをチャートという形で表して、更にはそのチャートをベースに、それから先の相場の値動きを予想するというものです。このテクニカル分析は、いつ取引したらいいかを認識する際に効果を発揮するわけです。売買する時の価格に一定差をつけるスプレッドは、FX会社はもとより銀行においても別の呼び名で存在しているのです。しかもびっくりすることに、その手数料がなんと海外FX会社の190~200倍というところがかなり見られます。5000米ドルを買って所有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている!」というふうに言います。無論のことドル高へと為替が動いた時には、直ぐ売却して利益を得るべきです。FX会社が得る利益はスプレッドにより齎されるのですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円をトレードする場合、FX会社は取引相手に対して、その外国通貨の購入時と売却時の為替レートを適用し、そこで生まれる差額が利益になるのです。海外FX口座開設に関しての審査に関しましては、学生もしくは専業主婦でも落ちることはないので、過度の心配は不要だと言えますが、重要な要素である「投資の目的」とか「投資歴」などは、絶対に注意を向けられます。システムトレードについても、新規にポジションを持つという状況で、証拠金余力が最低証拠金額より下回っている状態では、新たに「売り・買い」を入れることは不可能です。MT4をパーソナルコンピューターに設置して、インターネットに接続させたまま休みなく動かしておけば、横になっている時もお任せで海外FX取り引きをやってくれるわけです。後々海外FX...

NO IMAGE

海外口座お薦め|FX口座開設さえしておけば…。

FXを始めると言うのなら、優先して実施していただきたいのが、FX会社を海外FX会社口座開設比較ランキングで比較して自分自身に合致するFX会社を選択することでしょう。海外FX会社口座開設比較ランキングで比較するためのチェック項目が10項目程度ありますので、1個1個解説させていただきます。システムトレードと呼ばれているものは、PCによる自動売買取引のことであり、前もって規則を定めておいて、それに則ってオートマチックに「買いと売り」を行なうという取引になります。レバレッジというものは、FXをやる上でいつも使用されているシステムだとされていますが、現実の投資資金以上の「売り買い」が可能なので、小さな額の証拠金で貪欲に儲けることもできなくなありません。初回入金額と申しますのは、FX口座開設が完了した後に入金しなければいけない最低必要金額のことを指します。最低金額の指定のない会社もありますし、10万円必要といった金額指定をしているところも存在します。スキャルピングと言われているのは、一度の売買で数銭から数十銭ほどの少ない利幅を追い求め、一日に何度も取引を行なって利益を積み重ねる、特殊な売買手法というわけです。テクニカル分析と言いますのは、相場の動きをチャートの形で図示して、更にはそのチャートをベースに、その先の値動きを予測するという分析法です。これは、取引する好機を探る際に行ないます。スイングトレードと言われているのは、トレードする当日のトレンドに結果が決定づけられる短期売買と違って、「ここ数日~数ヶ月為替がどういった変化を見せてきたか?」といった分析が結果を左右するトレード法だといっても過言ではありません。テクニカル分析に関しては、通常ローソク足で描写したチャートを利用します。パッと見複雑そうですが、100パーセント読めるようになりますと、なくてはならないものになると思います。FX口...

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|近い将来海外FXに取り組む人や…。

メタトレーダー4で利用できる自動トレードプログラム(略称:EA)の考案者は様々な国に存在しており、今あるEAの運用状況もしくは評定などを勘案して、より機能性豊かな自動トレードソフトの開発に取り組んでいます。スキャルピングと呼ばれるのは、1取り引きで1円にすら達しない微々たる利幅を目論み、日に何回も取引をして薄利を積み重ねる、非常に短期的なトレード手法になります。海外FXで儲けを手にしたいなら、海外FX会社を比較することが大切で、その上で自分自身にマッチする会社を見つけることが大切だと言えます。この海外FX会社を比較する時に考慮すべきポイントを詳述したいと考えています。儲ける為には、為替レートが最初に注文した時のものよりも良くなるまで待つことが必要です。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。トレードに取り組む1日の中で、為替が急変する機会を見極めて取引するというのがデイトレードなのです。スワップ収入獲得を狙うことはせず、その日ごとに何回かトレードを実施して、少しずつ利益を生み出すというトレード方法です。相場の変化も読み取れない状態での短期取引となれば、失敗しない方がおかしいです。当然ながら一定レベル以上の経験がないと話しになりませんから、ズブの素人にはスキャルピングは不向きです。近い将来海外FXに取り組む人や、他の海外FX会社を利用してみようかと考慮中の人のために、日本国内の海外FX会社を比較し、項目ごとに評定してみました。是非確認してみてください。デモトレードをやるのは、大概海外FXビギナーの方だと思われるかもしれませんが、海外FXの熟練者も時折デモトレードを有効利用することがあるそうです。例えば新しく考案した手法の検証をするケースなどです。金利が高く設定されている通貨ばかりを買って、その後保持し続けることでスワップポイントが齎されるので、このスワップポイント...

NO IMAGE

海外口座お薦め|スプレッドと言われるのは…。

友人などは概ねデイトレードで売買を繰り返して来きたのですが、今ではより大きな利益が望めるスイングトレードにて売買を行なうようにしています。スキャルピングとは、1分以内で極少収益を獲得していく超短期トレードのことで、チャートであるとかテクニカル指標に基づいて投資をするというものなのです。チャートの変動を分析して、売り時と買い時の決断をすることをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析ができるようになれば、売買すべきタイミングを間違うことも少なくなるはずです。「デモトレードにトライしてみて利益が出た」としましても、リアルなリアルトレードで収益を出せる保証はないと考えるべきです。デモトレードと申しますのは、いかんせん娯楽感覚になることがほとんどです。証拠金を振り込んで某通貨を購入し、そのまま保持している状態のことを「ポジションを持つ」と言うのです。逆に、保有している通貨を約定することを「ポジションの解消」と言うのです。実際的には、本番トレード環境とデモトレードの環境を比べますと、本番トレード環境の方が「1回のトレードごとに1ピップス程儲けが減る」と理解していた方が賢明です。システムトレードの一番の推奨ポイントは、邪魔になる感情をオミットできる点だと言って間違いないでしょう。裁量トレードだと、必ず感情がトレードをする最中に入ってしまうでしょう。儲けを出す為には、為替レートが新規に注文した際のものよりも好転するまで待つ他ありません。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。デモトレードと称されるのは、仮想資金でトレードに挑むことを言うのです。150万円というような、自分で勝手に決めた仮想資金が入金されたデモ口座が作れるので、本当のトレードのような環境で練習ができるというわけです。トレードの考え方として、「一方向に振れる短時間に、幾らかでも利益を何が何でも掴みとろう...

NO IMAGE

海外口座お薦め|デモトレードを有効活用するのは…。

FX取引につきましては、「てこ」の原理のように低額の証拠金で、その何倍という取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と本当の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。収益を得る為には、為替レートが新規に注文した際のものよりも良い方向に向かうまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と言うわけです。買いと売りの2つのポジションを一緒に維持すると、円高になろうとも円安になろうとも収益をあげることができると言えますが、リスク管理のことを考えますと、2倍気を遣う必要に迫られます。海外FXに関しましては、「外貨を売る」ということから取引を始めることもあるわけですが、このように外貨を所有せずに「外貨を売却した状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになるのです。チャートの時系列的動向を分析して、いつ売買すべきかの決断をすることをテクニカル分析と呼びますが、このテクニカル分析さえ可能になれば、「売り買い」するベストタイミングを外すことも少なくなるでしょう。システムトレードにつきましては、人間の感覚とか判断を排すことを目的にした海外FX手法の1つですが、そのルールをセットするのは人ですから、そのルールが半永久的に利益をもたらすというわけではないのです。海外FX口座開設の申し込みを終え、審査を通過したら「ログインIDとパスワード」が郵便を使って送り届けられるというのが通例ではありますが、海外FX会社の何社かはTELを介して「必要事項」をしているようです。売り買いに関しては、何でもかんでもシステマティックに完結してしまうシステムトレードですが、システムの検討や改善は周期的に行なうことが必要不可欠で、そのためには相場観を身に付けることが大切だと思います。システムトレードと言われるものは、PCプログラムによる自動売買取引のことを指し、前もってルールを設けて...

NO IMAGE

海外口座お薦め|低額の証拠金で大きな「売り買い」が認められるレバレッジではありますが…。

スイングトレードで儲けを出すためには、そうなるべく取り引きの進め方があるわけですが、それに関してもスイングトレードの基本を把握した上での話なのです。先ずもってスイングトレードの基本を押さえてください。チャートの時系列的動向を分析して、いつ売買すべきかを決めることをテクニカル分析と呼びますが、この分析さえできれば、買う時期と売る時期を外すことも少なくなるでしょう。スワップポイントと呼ばれているものは、ポジションを保ち続けた日数分受け取れます。毎日定められている時間にポジションを有した状態だと、その時点でスワップポイントがプラスされることになります。5000米ドルを購入して保持している状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当たり前ながらドル高に進んだら、直ぐ売却して利益を確保しなければなりません。ここ数年は、どのFX会社も売買手数料を徴収してはいませんが、同じようなものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが実質のFX会社の収益になるのです。申し込みにつきましては、FX業者のオフィシャルサイトのFX口座開設ページを利用すれば、20分ほどで完了できるはずです。申込フォームへの入力を終えましたら、必要書類を郵送などで送付し審査をしてもらいます。スプレッドにつきましては、通常の金融商品を鑑みると、超低コストです。はっきり言って、株式投資などは100万円以上のトレードをすれば、1000円位は売買手数料を取られます。FX口座開設が済んだら、現実的にトレードをしないままでもチャートなどを確認できますから、「先ずもってFXについて学びたい」などとお思いの方も、開設して損はありません。レバレッジに関しましては、FXをやり進める中で常に活用されるシステムということになりますが、現実の投資資金以上の売り買いをすることが可能ですから、小さな額の証拠金で大き...

NO IMAGE

海外口座お薦め|友人などはだいたいデイトレードで取り引きをやっていましたが…。

スイングトレードをすることにすれば、どんなに短期だとしても数日間、長期ということになると数ヶ月にも亘るような戦略になりますから、いつも報道されるニュースなどを基に、それ以降の時代の流れを想定し資金を投入することができます。FX会社を海外FXランキングブで比較するなら、チェックすべきは、取引条件です。一社毎に「スワップ金利」を筆頭に各条件が異なっているわけなので、個々人のトレードに対する考え方にピッタリ合うFX会社を、きちんと海外FXランキングブで比較した上で選択しましょう。我が国と比べて、海外の銀行の金利が高いという理由から、スワップ金利が付与されることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利なのです。FX口座開設に関する審査は、専業主婦だったり大学生でも通りますから、極端な心配をすることは不要ですが、重要な要素である「投資経験」とか「資産状況」等は、一律的に注視されます。チャートの変動を分析して、売り時と買い時を決めることをテクニカル分析という名で呼びますが、このテクニカル分析ができるようになれば、「売り時」と「買い時」も分かるようになることでしょう。FX会社個々に特徴があり、優れた点やそうでもない点があったりするのが当たり前なので、ズブの素人である場合、「どういったFX業者でFX口座開設するのがベストなのか?」などと悩んでしまうのではないかと推察します。デモトレードの最初の段階ではFXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数百万円という単位で仮想通貨として準備されることになります。FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買うと、金利差に応じてスワップポイントが供されますが、金利が高い通貨で低い通貨を買うといった場合は、まったく逆でスワップポイントを払う必要が出てきます。スワップポイ...

NO IMAGE

海外口座お薦め|チャートの形を分析して…。

申し込みを行なう場合は、海外FX会社のオフィシャルサイトの海外FX口座開設ページを介して15~20分ほどで完了すると思います。申し込みフォームへの入力完了後、必要書類を郵送などで送付し審査結果を待つという手順になります。チャートの形を分析して、売買する時期の決断をすることをテクニカル分析と呼びますが、この分析さえできるようになれば、買う時期と売る時期も自然とわかってくるはずです。海外FXに取り組む際の個人専用のレバレッジ倍率は、前は最高が50倍だったことを思えば、「ここ数年の最高25倍は低いと感じてしまう」と口にする人に会うのも理解できますが、この25倍でも満足な利益を得ることができます。MT4と称されているものは、ロシアの会社が企画・製造した海外FXトレーディング専用ツールなのです。料金なしで利用でき、加えて機能満載ですので、このところ海外FXトレーダーからの支持率も上がっていると聞いています。テクニカル分析と言いますのは、相場の動きをチャートで表わし、更にはそのチャートを背景に、その先の為替の値動きを類推するという分析法になります。これは、売買する時期を知る際に役に立ちます。為替の動きを予測する時に不可欠なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事なのは「チャートからこれからの為替変動を予想する」テクニカル分析の方だと考えます。「海外FX会社毎に準備しているサービスの中身を調査する時間があまりない」という方も多々あると思います。それらの方にお役立ていただきたいと、それぞれのサービスの中身で海外FX会社をFX口座開設人気ランキングで比較検討しております。スイングトレードと申しますのは、売買をする当日のトレンドが結果を左右する短期売買と比べてみましても、「今日まで為替がどんな動向を見せてきたか?」といった分析が大きく影響するトレード法なのです。スワップポイン...

NO IMAGE

海外FX口座開設評判|スイングトレードをやる場合…。

メタトレーダー4については、プレステまたはファミコンなどの器具と同様で、本体にソフトを差し込むことで、初めて海外FXトレードができるのです。スキャルピングという取引方法は、どっちかと言うと予想しやすい中期から長期にかけての経済的な動向などは考えず、確率2分の1の戦いを即座に、かつ間断なく続けるというようなものではないでしょうか?スイングトレードをやる場合、PCの取引画面を起動していない時などに、突如想定できないような変動などが生じた場合に対処できるように、取り組む前に何らかの策を講じておかないと、大損することになります。海外FXの究極の利点はレバレッジで間違いありませんが、しっかりと認識した上でレバレッジを掛けるようにしませんと、ひとえにリスクを大きくするだけだと忠告しておきます。方向性がはっきりしやすい時間帯を考慮して、そのタイミングで買い(売り)を入れるのがトレードを進める上での基本です。デイトレードのみならず、「心を落ち着かせる」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どのようなトレード手法でやろうともすごく重要なポイントになります。スイングトレードの魅力は、「日々パソコンの売買画面の前に居座って、為替レートを注視しなくて良い」という部分であり、忙しい人に最適なトレード方法だと考えています。システムトレードの一番のメリットは、無駄な感情を排除することができる点だと考えます。裁量トレードですと、どのようにしても自分の感情がトレードを行なう際に入ることになると思います。私の友人は概ねデイトレードで取り引きをやっていたのですが、昨今はより収益があがるスイングトレード手法にて売買するようにしています。デイトレードの特長と言うと、翌日まで持ち越すことはせずに例外なく全てのポジションを決済しますので、結果が出るのが早いということだと思っています。システムトレードと呼ばれて...

NO IMAGE

海外口座お薦め|MT4をPCにセッティングして…。

MT4の使い勝手がいいという理由の1つが、チャート画面から簡単に発注することが可能だということです。チャートの動きを確認している最中に、そのチャート上で右クリックすれば、注文画面が開くことになっているのです。売買経験のない全くの素人だとすれば、厳しいものがあると感じるテクニカル分析ではあるのですが、チャートのいくつかのパターンさえ把握してしまえば、値動きの予想が圧倒的に簡単になります。ポジションに関しましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2種類があるのですが、このポジションとは、取り引きをした後、決済することなくその状態を保持し続けている注文のことを意味します。FX取引も様々ありますが、一番人気の高い取引スタイルだと思われるのが「デイトレード」なのです。1日で手にできる利益を地道にものにするというのが、この取引スタイルだと言えます。デモトレードの初期段階では、FXに必須の証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円という金額の仮想マネーとして準備されることになります。MT4と呼ばれているものは、古い時代のファミコンのような機器と同じで、本体にソフトを差し込むことによって、初めてFX取引をスタートさせることが可能になるわけです。スイングトレードだとすれば、いくら短期だとしても3~4日、長いケースでは数ヶ月にも亘るような戦略になり得ますから、普段のニュースなどを判断材料に、数ヶ月単位の世界経済の状況を推測し投資することができます。スキャルピングは、本当に短時間の値動きを捉えますので、値動きがそこそこあることと、取引の回数がかなりの数になりますので、取引を行なう際のコストが少ない通貨ペアを手がけることが大事になってきます。MT4は世界で一番多く有効利用されているFX自動売買ツールだという現状もあって、自動売買プログラムのタイプが特に多いのも特徴だと思います。FXをやる時...

NO IMAGE

海外口座お薦め|システムトレードにおきましては…。

日本と海外FX会社口座開設比較ランキングで比較して、海外の銀行金利の方が高いということがあるために、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、FXを行なった時に貰うことになるスワップ金利というわけです。システムトレードにおきましては、自動売買プログラム(EA)の設定内容に従ってテクニカルポイントが到来した時に、システムが機械的に売買をしてくれるというわけです。とは言え、自動売買プログラムに関しては人間がチョイスしなければいけません。こちらのサイトでは、スプレッドや手数料などを足した総コストにてFX会社を海外FX会社口座開設比較ランキングで比較した一覧表を確認いただくことができます。当然コストというものは利益を下げることになりますので、細心の注意を払って調査することが求められます。チャートの時系列的動向を分析して、売買のタイミングの決定を下すことをテクニカル分析と称するわけですが、このテクニカル分析さえできるようになったら、「売り時」と「買い時」を間違うこともグッと減ることになります。為替の動きを類推するのに役立つのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要だとされているのは「チャートを検証して、今後の為替の動きを類推する」テクニカル分析の方だと断言します。少ない額の証拠金の拠出で大きな売買が可能なレバレッジではありますが、期待している通りに値が動けばそれに準じた利益が齎されますが、反対になろうものなら大きな損失を被ることになるのです。レバレッジと言いますのは、納入した証拠金を元手に、最大でその金額の25倍のトレードができるというシステムを指しています。1つの例を挙げますと、50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円の「売り・買い」が可能なわけです。スプレッド(≒手数料)につい...